MENU

Unfitcooder

― こんなどうしようもない俺らだって、
やればできるんだ

『Unfitcooder (アンフィットクーダー)』は、Vo.Gt. 金子舜、Gt.山本一輝を中心に集まった’’反社会的”ポップロックパーティバンド。
バンド名は「社会不適合者が目指す光」という意味を込めた造語である。

前身バンドを経て、2014年にBa.くわはたこうを迎え、本格始動。
同年8月に前Dr.が脱退するも、2015年に金子夏姫がDr.として正式加入。
現在の編成になる。

歌モノの枠にとらわれず、様々な視点から歌詞を創作。
古き良きPopsの要素を軸としながらも、攻撃的で時に繊細な曲調は「喜怒哀楽」様々な感情を表す。

また、一度聴いただけですぐ口ずさめる様な中毒性のあるメロディーと、“笑顔で帰ってもらう”という事をコンセプトに置いたLIVEパフォーマンスが武器。
更なる飛躍を目指し、今日も前へ前へと奮闘中である。

経歴

デモを含め5枚のCDを発売。
デモ、1stシングル共に完売し、現在は1st mini Album『X-DAY』、2nd Single『恋が破裂した』、2nd mini Album『波紋ドロップ』を販売中。

本格始動

2015.1.20

自主企画ALIVING LAND vol.1を開催。
ここからUnfitcooderとしての新たなスタートを切る。

2015.4.25

1st mini ALBUM『X-DAY』を発売。
同日、渋谷CLUB CRAWLにて開催されたレコ発イベントは200人近くの動員を記録し、チケットSOLD OUT

2015.6.28

初のツアー『X-DAYリリースツアー〜Xからの招待状〜』を決行。
15ヶ所を周り、9.27に赤坂clubTENJIKUで行われたツアーファイナル4マンLIVEはチケットSOLD OUT

2015.9.27

史上初となる1stワンマンLIVEを赤坂clubTENJIKUにて開催。
レコ発、ツアーファイナルに続きチケットSOLD OUT

2015.11.22

バンド初となるMV「ハートにふれたら」をyoutubeにて公開。

2016.1.20

自主企画ALIVING LAND vol.2を開催。大成功を収める。

2016.2.19

2nd mini Album 『波紋ドロップ』発売。

2016.4.17

約3ヶ月間で波紋ドロップ目標の300枚完売達成

2016.4.17〜7.16

渋谷Milkywayにて行われた、2nd mini album 「波紋ドロップ」リリースツアー 〜波紋よ広がれ︎どこまでも︎〜最終公演 は動員200人越えをしSOLD OUT

2016.7.16

初のフリーライブを開催。

2016.8.24

3rd single『鬼ゲー』をリリース

2016.12.15

shellfishとのスプリットツアー『shellfishと鬼ゲームin東名阪』ツアーファイナルを渋谷Milkywayで開催

2017.1.19

1st Album『ネガティヴァイブレーション』をリリース

2017.3.25

ツアーファイナルワンマンを渋谷Milkywayにて開催、SOLDOUT

2017.7.29

ソールドアウト記念、無料感謝祭3マンを渋谷Milkywayにて開催

2017.9.21

赤坂TENJIKUにて3週連続ツーマン開催

2017.11.13、20、28

W A-side single『はい、そーですね。/ピーターアンダーソンは死なない』発売

2018.1.12


TOP